メリットとデメリット

Permalink

民事再生のメリットとしてはまず、マイホームなどの高価な財産を取り上げられない点をあげることができます。そのまま住み続けることができるため、家を失って引っ越し先を探したり、引越し費用を捻出したりする必要がありません。また、民事再生では借金を大きく減額することが可能です。全額免除になるわけではありませんが、これまでの返済の負担とは比べものになりません。なお、住宅ローンの返済期間を延ばし、毎月の返済額を少なくできるケースもあります。そのほか、民事再生を行なうことによって、特定の職業に就くことが不可能になるようなこともありません。

一方、民事再生のデメリットは、減額後の借金はしっかりと返済していかなければいけないということです。減額後の借金は、原則として3年間に分割して返済していく義務を負います。また、民事再生をすると信用情報機関にその事実が記録されます。これにより、5~10年のあいだは新規での借金、ローンを利用することが制限されます。ただ、この信用情報機関への記録は民事再生以外の債務整理でも必ず行なわれるもので、減額後の借金の返済義務があるとはいえ、これまでの5分の1程度と、大幅に返済負担は軽減されることになるため、メリットのほうがデメリットよりはるかに上回っているといえるでしょう。