民事再生で借金問題解決

Permalink

法的効力のある借金問題解決方法として、債務整理があります。債務整理の代表というと自己破産がありますが、借金の返済が全額免除になる代わりに、少しばかりの現金を残し、マイホームなどの財産をすべてを失って再出発するのが債務整理と思っている人は多いでしょう。しかし、債務整理は自己破産だけではありません。民事再生を選択することにより、借金問題を解決する方法があります。

民事再生は自己破産のように、借金の残りすべてが免除されるような強力な効果はありませんが、主にマイホームをはじめとする高価な財産を失うことがありません。そしてこのような財産を残したまま、大きく減額された借金を、原則として3年間で分割して返していく方法が民事再生なのです。また、自己破産では資格制限といって、生命保険募集人などの仕事に就くことが不可能になりますが、民事再生では資格制限を受けることもありません。

不利な要素が少ない債務整理の方法ですが、民事再生には利用可能な人の条件があります。住宅ローンを含めず、借金の合計額が5,000万円以下であること、返済不能に陥るリスクがあること、継続収入を得る見込みがあることを満たしている必要があります。満たしていない場合には、ほかの債務整理の方法を検討することになるでしょう。

当サイトでは、民事再生のメリットやデメリット、おすすめの相談先、民事再生の手続きの流れに関する情報を提供しています。債務整理の知識を得たいと思っている人は、ほかのページの内容もぜひご覧ください。